VISION

人とアイデアで世界をつなぎ「社会を幸せにする」未来創造企業

私たちは、「人とアイデアで世界をつなぎ、幸せな社会を。」という理念の下、
顧客満足度と企業価値の最大化を図るとともに、ネットとリアルの融合により経済成長に貢献する企業を目指します。

代表メッセージ

写真

自由度とチャンスに溢れる会社です。ぜひ、このフィールドを活かして大きく成長してください。

当社で働く一番の魅力は、やはりダイナミックに動けること。
「やってはいけない」ことは殆どありませんから、自由に様々な事柄にチャレンジができます。現在当社では、『街コン』で培った人を集めるスキームや、人と人を繋げるノウハウを活用して、ヤフー様やJAL様などの大手企業とのコラボレーション企画を実現しています。

また、新規事業としてアプリ開発などのWebビジネスにも着手していますが、これらの殆どはスタッフの発案によるものです。イベントが好き、人を喜ばせることが好き、と思われる方なら様々なアイディアや目標をお持ちだと思いますので、それらを、ぜひリンクバルで実現させてください。

また『街コン』自体もマスコミ各社に採り上げられるほど、非常に注目度の高い事業です。その中心に立って、様々なイベントを手がけることは、大きなやりがいに繋がります。
ぜひこのフィールドを活かして大きく成長してください。

代表取締役 吉弘 和正

求める人物像

  • 長期勤務が可能な方
  • 仕事に対して柔軟な思考をお持ちの方
  • 明るく前向きに業務に取り組める方
  • スケジュールを守れる方
  • チャレンジ精神をお持ちの方

リンクバルってどんな会社?

リンクバルは従業員がより働きやすく、よりハングリーに情熱を持って仕事に取り組んでいただく為様々な取り組みをしています。ここでは、その一部をご紹介します。

社内懇親会(パーティー)

社員全員参加のパーティーを年に1~2回行っています。

若い社員が多い職場

20代のスタッフがメイン(平均年齢は30歳)

記念日休暇制度

結婚記念日、恋人の誕生日など休暇がとれます。

新規事業アイデアコンテスト

全従業員参加で定期的に行います。

社員インタビュー

リンクバルの仕事について、社員自身がお話します。入社に至った経緯や当社で働く魅力や考え方など、普段社内ではあまり聞く事が出来ないことをインタビューを通じて知る事が出来ました。ここでご紹介する社員はほんの一部です。
掲載出来なかった方々も、同じベクトルを向いて日々仕事をしています。

ぜひあなたも、私たちと一緒に新たなフィールドの開拓をしませんか?

取締役 経営管理本部長 金田 好生

写真

リンクバルに転職した経緯を教えてください。

写真楽天株式会社に2000年入社。100人に満たない規模の時代から、およそ9,000人まで社員が増えていく一時代を見てきました。その中で私は、2004年楽天のプロ野球業界進出にあたり、球団創業メンバーとして楽天野球団営業本部長を務めさせていただきました。

プロ野球界への参入にあたり、ノウハウのない中、限られた時間で全員が力を合わせ、アイデアを出し合いスピーディに目的を実現させるという楽しさを味わえたことが、その後の私の仕事感に大きな影響を与えました。大きな組織の中で働くことへのやりがいはもちろんありましたが、リンクバルを紹介いただいたときに、プロ野球界参入時のような取り組みができる機会に再び巡り会ったと思えたのです。

また役員の方々とお会いした際も、リンクバルという会社は小規模ながら、全員が一丸となりスピード感を大切にしながら目標を達成しようとする会社だと感じることができ、ぜひ一緒に会社を盛り上げていきたいと思えました。

リンクバルを志望する皆様に一言お願いします。

写真リンクバルは、会社も若いですし、働いている社員も、成長意欲を持ち仕事を楽しみながら取り組める人ばかりです。そのような仲間に囲まれて仕事をするということは、自身の成長に大きくつながる事だと思います。

事業に関して言いますと、現在は20歳〜40歳をメインターゲットに事業を展開しています。 今後はその層をターゲットにしたイベント関連の事業で確固たるナンバーワンになるだけでなく、その他の分野でもさらなる事業展開を考えています。日々全員で新しいアイデアを出し合い、成功するか否かはさておき、スピード感をもってアウトプットできる環境がここには整っています。

常に新しい発想を持ち、考え続けることが自身の成長や企業の成長にもつながるように、リンクバルはこれからもずっと走り続ける、大きなポテンシャルがある会社です。ぜひあなたも、私たちと一緒に新たなフィールドの開拓をしませんか?

主力サービスに続く事業を生み出したい

技術部 エンジニア リーダー Y.N

写真

現在の仕事について教えてください。

写真今後リリースする予定の新規サービスのソフトウェア開発を行っています。まだ具体的に書くことができませんが、街コンジャパンのユーザー様に使っていただける新サービスの開発です。

新規サービスがどんどん立ち上がっていくフェーズですので、社内一人一人がもつ豊富なアイディアを、現実的な工数で開発できる仕様に落とし込む仕事も多いです。新規サービス開発チームのエンジニアはまだ少ないため、rubyやphpを使ったWebアプリの開発や、iOS/Androidアプリの開発やインフラ周りなど幅広く取り組んでいます。

仕事のやりがいについて教えてください。

写真街コンや街バルといったイベント参加者向けに、ITを使って提供できるサービスは、まだ実現できていないことが沢山あり、いずれは、街コンなど主力サービスに続く事業を生み出したいと思って取り組んでいますので、とてもやりがいがあります。開発スピードを上げてビジネスを成功させるために、新しい技術の導入も積極的に行っています。エンジニアとして新しいことに挑戦して、スキルアップできる環境にあります。

具体的には、Ruby on Rails4、Swift2、アジャイル(スクラム)開発の導入取や、AWS機能の活用に取り組んでいる最中です。上司がTech系のイベントや勉強会への参加を推奨するなど、エンジニアのスキル開発に積極的な点もやりがいポイントですね。

リンクバルを志望する皆様に一言お願いします。

写真代表をはじめ社員一人一人がたくさんのアイデアを持ち、新しいことに挑戦できる環境です。会社の成長とともに、エンジニアとしても成長したいあなたの応募をお待ちしております。

リンクバルには無限の可能性があると思ってます。

イベントプラットフォーム事業部 リーダー A.K

写真

現在の仕事について教えてください。

写真イベントプランナーとして、街コン開催までの企画・運営を任されています。開催地を決めるところから始まり、イベント内容を考えた後は告知用のWebページ作成や飲食店の店舗探しと、短期間ですべての作業を一人で行っています。

中でも一番苦労するのは、街コン当日に協力していただく飲食店を選ぶ時です。同じジャンルの飲食店ばかりではお客様に満足いただけません。それに限られた時間の中で楽しんでいただくためには、店舗間の移動距離も短くしたいところ。ですから、店舗を選ぶ際は必ず現地に足を運び、自分の目で確かめています。

仕事のやりがいについて教えてください。

写真全く同じことを繰り返すという仕事ではないので、それが大きなやりがいの一つになっています。たとえば毎日Webページを確認し、自分が担当している街コンのPV数や参加者人数をチェックします。そこで反響が思わしくない時は、文章やデザインを直ちに差し替えて、多くのお客様にご利用いただけるよう心がけています。こういった試行錯誤をしながら、どうやって満足のいく企画ができるか常に考え続けることにやりがいを感じます。

また、仕事を通して一番うれしいと感じるのは、協力してくださった飲食店さんから「また街コンを開催する時には声をかけてね」と言われたり、参加者であるお客様から「イベントが楽しかった」「料理がおいしかった」「この街コンを選んで良かった」という感想をお聞きできたりした時です。

リンクバルを志望する皆様に一言お願いします。

写真ずっとアパレル会社に勤めていたので、リンクバルに入り営業職に就き、自分がどこまでやれるのか不安もありました。接客業には慣れていたとは言え、街コンはお客様だけを相手にする仕事ではありませんから毎日が勉強の連続でした。

けれど徐々に仕事を覚え、任されるようになり、今では自分なりにやりがいを見出し、新たな目標を掲げ、楽しみながら仕事に取り組めるようになりました。私のように知識や経験がなくても、やる気があればできる仕事です。リンクバルには無限の可能性があると思っています。

Tokyo Art Directors Club賞を受賞するのが夢です。

マーケティング部 デザイナー リーダー K.N

写真

現在の仕事について教えてください。

写真WEBサイト用のバナー、ポスターやMAPなどの印刷物のデザインを担当しています。そうした販促物の制作は、月20本を超えます。弊社は自社案件ばかりではありませんから、多種多様なクライアントのニーズに応えるため、柔軟な発想と対応をしていかなければなりません。グルメ、アニメ、ゲーム、音楽など、多分野にわたる案件に、入社当時は戸惑いました。けれど興味を持ち取り組めば好きになるということがわかってから、仕事を能動的に行えるようになったと思います。

さまざまな案件に携わり、自分自身の引き出しが増えたこともありますが、今ではどんなジャンルでも先入観や価値観にとらわれず、楽しみながら作業に取り組めるようになったのがリンクバルに入ってからの大きな変化です。それに販促物は、たくさんの人の目に触れるものであり、見る人の関心を引き寄せ、コンセプトを理解してもらえるかが勝負です。自分が担当したイベントの企画が満席になると、充足感に満たされます。

リンクバルに入社した理由を教えてください。

写真大学卒業後、TV業界などでデザイナーの仕事をしてきましたが、形として残るものを制作したいという思いが強くなり転職を決意しました。ちょうど弊社が設立されたばかりの頃でしたが、若い会社だからこそ自分も一緒に枠組みを作っていけるのではないかと思い、期待に胸を膨らませたことを覚えています。

また、企業見学をした際、若手社員が目立ったので、社風も自分に合っているのではないかという直感が働きました。そして最終面接で社長にお会いしたとき、その場で入社を即決させて頂きました。

将来のキャリアビジョンを教えてください。

写真デザイナーとしてADC(Tokyo Art Directors Club)賞を受賞するのが夢です。そのことにより、リンクバルという会社の知名度アップにも役立ち、少しは恩返しができるのではないかと思っています。

エリアや業界に関係なく、たくさんの人と関われるのがこの仕事の最大の魅力です。

プロモーション推進部 マネージャー Y.M

写真

現在の仕事について教えてください。

写真企業とのタイアップ街コンの企画・運営を担当しています。クライアントとお客様、双方の満足度を得るためのプランニングになりますから、通常の街コンより、いかに付加価値をつけられるかという点がポイントだと思っています。

また、タイアップ街コンですと、イベントの規模がとても大きいため、いつも以上に失敗できないというプレッシャーを感じながら業務に取り組んでいます。その分、無事イベントが終了した後は、達成感や充足感でいっぱいに……本当にやりがいのある仕事です!

職場の雰囲気はどうですか?

写真直属の上司とは情報を共有し、常に連携を取り業務を行っています。リンクバルの雰囲気がそうなのですが、上司や先輩だからと、変にかしこまったりせず意見ができる職場です。

実は入社当初は別の課で事務を担当していましたが、営業職に就きたいと懇願した結果、4ヶ月後に現在の部署に異動させてもらえました。そういった意味でも働きがいのある会社だと思います。

また、若い社員が多いのも弊社の特色の一つです。最近では社内でフットサルサークルが発足され、日ごろの運動不足とストレス発散を兼ねて同僚と楽しんでいます。

仕事で成長を感じられたことは何ですか?

写真最初の頃は知識不足で、クライアントと対等に交渉するのが難しかったのですが、ビジネス誌や日経新聞に目を通したり、経験を積んでいく中で知識や情報を蓄えた結果、クライアントに納得頂けるプレゼンができるようになりました。

エリアや業界に関係なく、たくさんの人と関われるのがこの仕事の最大の魅力です。学ぶことも多く、常に新しいものを取り入れていく柔軟性が求められますが、やりがいはもちろん、日々自身の成長を実感できる恵まれた環境にあると思っています。

募集要項・エントリー

各種応募方法や選考内容の詳細については、下記リンク先のコーポレートサイトに記載しております。
ご不明な点に関しては上記「採用に関するお問い合わせ先」にご連絡ください。

よくある質問

採用選考の流れについて
  1. 応募
  2. 書類選考
  3. 一次面接
  4. 二次面接
  5. 内定
  • ご応募者様のご予定により変動がありますが、応募から内定までの間、2~3週間程度のお時間を頂きます。
  • 本採用プロセスはあくまで目安であり、状況により面接回数が変動したり、選考結果のご連絡時期が前後する場合が御座います。
転勤、異動について
全国に出店しておりますので、状況により転勤は発生します。
各個人とすり合わせの上、会社が決定します。
在職中の為、勤務時間後や土日の面接は可能でしょうか。
土曜、日曜、祝日の面接は原則行っておりません。
面接は平日の10:00~20:00(終了時間)で実施しておりますが、ご応募者様のご都合に合わせて調整をしておりますので、随時ご相談下さい。
面接の所要時間は30分~60分です。
年齢制限はありますか?
年齢制限は特に設けておりません。業務内容の適正に応じて選考をさせて頂いております。

採用に関するお問い合わせ先

株式会社リンクバル 人事部人事グループ

  • 03-6222-6820
  • saiyo@linkbal.co.jp